横浜の離婚弁護士トップ > 特集 > 養育費 > 養育費の算定にあたって、子ども手当を考慮しなかったケース(広島高裁平成22年6月24日判決)

323の離婚基礎知識

  • 離婚とお金について
  • 離婚と子どもについて
  • 離婚の諸手続きについて
  • その他の問題について

相談場所の地図・アクセス

横浜綜合法律事務所地図

相談場所

離婚の相談ができる横浜の弁護士
〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地
横浜情報文化センター11階
横浜綜合法律事務所内

最寄り駅

日本大通り駅 徒歩約0分(地下連絡口直結)
関内駅 徒歩約10分

特集/特殊なケースにおける養育費
養育費の算定にあたって、子ども手当を考慮しなかったケース(広島高裁平成22年6月24日判決)

事案の概要

養育費の算定にあたって、平成22年4月より国から支給されることになった子ども手当(月額1万3000円)を考慮すべきかどうかが争いとなった事案です。

裁判所の判断

裁判所は、平成22年度における子ども手当の支給に関する法律は、①次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援するとの趣旨で制定された同年度限りの法律であること、②支給要件として所得制限が設けられていないこと、③厚生労働省からの知事宛の通知では、子ども手当は、子育てを未来への投資として、次代を担う子どもの育ちを個人や家族のみの問題とするのではなく、社会全体で応援するという観点から実施するものと説明されていることを挙げ、子ども手当の支給は、民法上の扶養義務をもととした養育費の支払には影響しないと判断しました。
現在では、子ども手当ではなく児童手当が児童手当法に基づいて支給されており、上記①②は満たしませんが、児童手当法第1条は、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的とすると規定しており、これは上記③と同義と思われますので、児童手当に関しても本裁判例の考え方が維持されていくことになるのではないでしょうか。
なお、養育費・婚姻費用算定表では「児童扶養手当や児童手当は子のための社会保障給付ですから、権利者の年収に含める必要はありません」と説明されております。

当サイトでは、神奈川県・横浜市を中心とした離婚・男女問題について、弁護士による無料の法律相談を実施しています。お気軽にご相談下さい。

離婚とお金について

離婚に関わるお金の問題について、過去の裁判例などをあげながら弁護士が解説します。

離婚について詳しく見る

離婚の法律相談の流れ

弁護士の無料法律相談の予約

申込フォーム若しくは電話(045-550-3383)にてご連絡下さい。担当の弁護士から、日程についてご連絡します。

法律相談室は明るく清潔です

弁護士と面談(法律相談)

事務所にお越し頂き、面談の上、お話しをお伺いします。電話、メールでのご相談はお受けすることができませんので、ご了承ください。

弁護士になんでもお話しください

弁護士に仕事を依頼

ご相談の結果、弁護士への依頼をご希望される場合、委任契約書を作成します。

関内駅、日本大通り駅から徒歩5分
横浜で離婚のことでお悩みの方へ メールで送る
一番上に戻る