横浜の離婚弁護士トップ > 特集 > 慰謝料 > 婚姻期間5~10年の夫婦において、元妻がパチンコによる浪費を行い、育児を怠っていた事案につき、慰謝料100万円が認められたケース(東京地判平22.5.19)

323の離婚基礎知識

  • 離婚とお金について
  • 離婚と子どもについて
  • 離婚の諸手続きについて
  • その他の問題について

相談場所の地図・アクセス

横浜綜合法律事務所地図

相談場所

離婚の相談ができる横浜の弁護士
〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地
横浜情報文化センター11階
横浜綜合法律事務所内

最寄り駅

日本大通り駅 徒歩約0分(地下連絡口直結)
関内駅 徒歩約10分

特集/離婚に伴う配偶者への慰謝料請求
婚姻期間5~10年の夫婦において、元妻がパチンコによる浪費を行い、育児を怠っていた事案につき、慰謝料100万円が認められたケース(東京地判平22.5.19)

夫が、離婚した元妻に対し、婚姻中の元妻の行為により精神的苦痛を被ったとして慰謝料2000万円の支払を求めるとともに、元妻が夫の金員を窃取したことにつき、276万4800円の損害賠償を支払う旨約したとしてその残額の支払を求めました。
276万4800円の損害賠償請求につき、判決においては、元妻が夫の金員窃取の損害賠償として支払いを約したことの根拠として夫が提出した元妻作成の反省文は、その作成時期や文言に照らし、元妻が自己のパチンコによる浪費が原因で悪化した婚姻関係を修復するため、夫に対し謝罪するとともに、夫と元妻の婚姻関係継続を前提として将来6年間にわたって元妻が稼働して得られる給与の全額を交付することを約したものと認定したうえで、夫と元妻の間で離婚が成立した以上、上記約束は効力を失ったと判断して元妻の反省文に基づく夫の請求は認めませんでした。
次に、慰謝料の請求について、判決においては、元妻がパチンコによる浪費を行い、夫の財布から金員を抜いたり、夫のキャッシュカードを無断で使用して金員を取得していたこと、幼い子を家に残したままパチンコに行くことが相当回数あったことから、夫と元妻の婚姻関係破綻の原因は、主に元妻のパチンコによる浪費や育児の怠慢等にあったものと認められるとされました。もっとも、元妻は夫との婚姻生活に一定のストレスを感じており、これがパチンコ依存の一要因となった可能性は否定し難いこと等が考慮され、夫の離婚慰謝料については100万円の限度で認められました。

当サイトでは、神奈川県・横浜市を中心とした離婚・男女問題について、弁護士による無料の法律相談を実施しています。お気軽にご相談下さい。

離婚とお金について

離婚に関わるお金の問題について、過去の裁判例などをあげながら弁護士が解説します。

離婚について詳しく見る

離婚の法律相談の流れ

弁護士の無料法律相談の予約

申込フォーム若しくは電話(045-550-3383)にてご連絡下さい。担当の弁護士から、日程についてご連絡します。

法律相談室は明るく清潔です

弁護士と面談(法律相談)

事務所にお越し頂き、面談の上、お話しをお伺いします。電話、メールでのご相談はお受けすることができませんので、ご了承ください。

弁護士になんでもお話しください

弁護士に仕事を依頼

ご相談の結果、弁護士への依頼をご希望される場合、委任契約書を作成します。

関内駅、日本大通り駅から徒歩5分
横浜で離婚のことでお悩みの方へ メールで送る
一番上に戻る