横浜の離婚弁護士トップ > 特集 > 慰謝料 > 交際期間約8年間の男女において、女性が男性に対し、婚約の不当破棄を理由に慰謝料を請求した事案につき、慰謝料300万円が認められたケース(東京地方裁判所平成21年3月25日判決)

323の離婚基礎知識

  • 離婚とお金について
  • 離婚と子どもについて
  • 離婚の諸手続きについて
  • その他の問題について

相談場所の地図・アクセス

横浜綜合法律事務所地図

相談場所

離婚の相談ができる横浜の弁護士
〒231-0021 横浜市中区日本大通11番地
横浜情報文化センター11階
横浜綜合法律事務所内

最寄り駅

日本大通り駅 徒歩約0分(地下連絡口直結)
関内駅 徒歩約10分

特集/婚約破棄に伴う慰謝料請求
交際期間約8年間の男女において、女性が男性に対し、婚約の不当破棄を理由に慰謝料を請求した事案につき、慰謝料300万円が認められたケース(東京地方裁判所平成21年3月25日判決)

裁判所は、まず、男性が女性にティファニーで購入した宝石のついた婚約指輪を贈って「結婚しよう」と述べて、女性が「はい」と答えたこと、男性が婚約指輪を購入した際、店のお客様情報登録書の「ご結婚相手のお名前」欄に自己の名前を記載したこと、女性は婚約指輪のお返しとして男性にロレックスの時計を贈ったこと、男性が女性の両親に結婚の了承を得たこと等から、男性と女性の間には婚約が成立していたとしました。
そして、男性が突然女性に婚約解消を切り出したものの、それは特段明確な理由があったわけではなく、男性の一方的な申し出であったことから、正当な理由に基づかない婚約の不当破棄であるとしました。
その上で、交際期間が約8年という長期間であること、男性が女性との結婚を積極的に希望していたこと、結婚を前提に同居していたこと、女性の妊娠が判明した時期以降、互いの両親に婚約を報告し、結納等の準備を進めていたこと、女性は結婚及び出産に備えて勤務先を休職し、その旨を顧客に通知していたこと、男性が婚約解消を申し出たため女性は中絶せざるを得なくなり、精神的及び身体的に相当の負担を受けていたこと、男性は女性に対し婚約解消の理由を明確に説明しなかったこと、その後も態度を二転三転させて女性の気持ちを振り回し続けたこと等を考慮し、女性の精神的苦痛は相当強いものであったとして、慰謝料は300万円を上回る金額となるとしました。

当サイトでは、神奈川県・横浜市を中心とした離婚・男女問題について、弁護士による無料の法律相談を実施しています。お気軽にご相談下さい。

離婚とお金について

離婚に関わるお金の問題について、過去の裁判例などをあげながら弁護士が解説します。

離婚について詳しく見る

離婚の法律相談の流れ

弁護士の無料法律相談の予約

申込フォーム若しくは電話(045-550-3383)にてご連絡下さい。担当の弁護士から、日程についてご連絡します。

法律相談室は明るく清潔です

弁護士と面談(法律相談)

事務所にお越し頂き、面談の上、お話しをお伺いします。電話、メールでのご相談はお受けすることができませんので、ご了承ください。

弁護士になんでもお話しください

弁護士に仕事を依頼

ご相談の結果、弁護士への依頼をご希望される場合、委任契約書を作成します。

関内駅、日本大通り駅から徒歩5分
横浜で離婚のことでお悩みの方へ メールで送る
一番上に戻る